editor's comment
シャツやパンツは季節に合わせて替えるけれども、靴の衣替えは案外むずかしいもの。春は春らしく、思い切りカラフルで軽快なローファーで足取りを軽くしたいものだ。
(STYLE編集部)

ブランドのアイコンモデルとして高い人気を誇る「180 シグニチャーローファー」。その DNAを受け継ぎ、履き心地の良さと、遊び心のあるカラーバリエーションで注目を集め続けているメンズローファーが「ル・モック(Le Moc)」だ。アーティスティック・イメージ&カルチャー・ディレクターを務めるオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)によってモダンにアップデートされたデザインに、ヌバックレザーで仕上げた新色が登場した。 新色は、淡い水色、ナッツのようなベージュ、穏やかなオレンジの3色を用意する。

新色の「オレンジヌバック」(左)と「フェードブルーヌバック」(右)
新色の「ビーチナッツヌバック」。ヒール部分にジェイエムウエストンの「W」を連想させるデザインが施されているのが特徴

アッパーには、しなやかで色鮮やかなヌバックレザーを配し、素足で履いても馴染む柔らかく上質なカーフスキンライニングを使用。また新しくアップデートされたグラフィカルなラバーソールには、ヒール部分に『ジェイエムウエストン』の「W」を連想させるデザインが施されている。春らしい彩りの一足で、足元を軽快に演出してみてはいかがだろうか。

▼PRESIDENT STYLE編集部から最新情報をお届け
Facebook Twitter
問い合わせ情報

問い合わせ情報

J.M. WESTON(ジェイエムウエストン)

text:Rina Araki