伊勢丹新宿店メンズ館のスタイリスト(スタッフ)も日々、それぞれの個性に合わせ、感性で選んだ渾身のVゾーンメイクをしている。それを紹介する「Vゾーンの流儀」は、ISETAN MEN'S netで連載している人気企画だ。4月からは同企画とコラボし「V‐STYLE」として、VゾーンメイクのテクニックをPRESIDENT STYLEで毎週更新していくので、お楽しみに。

柄モノは1点使い。しかもシャツで合わせるという粋

「アズーロ・エ・マローネ」とは「ネイビー&ブラウン」のイタリア語。紺色と茶色の相性の良さを表す言葉で、クラシコ・イタリアで定番の配色テクニックをいう。江島さんは「アズーロ・エ・マローネ」をVゾーンで実践。ネイビースーツにブラウンのストライプシャツはワイドカラーの衿開き角度もクラシックの定石。ネクタイはフレスコ調のブラウン無地で、ノット下のディンプルを深く入れる結び方も上手い。トーンを変えているが、ポケットチーフの縁取りにも茶色を配している。配色は基本的だが、柄の使い方は上級者。スーツ、シャツ、ネクタイ、3アイテムのうち柄モノをひとつに絞ると、スーツかネクタイに柄をもってくる人が多いのだが、江島さんはシャツに柄を使っている。この着方、普段のビジネススタイルに取り入れればオフィスでもちょっと目立てるはずだ。

ISETAN MEN'S PR 江島 基さんのVゾーン――スーツ/イセタンメンズ、シャツ/イセタンメンズ、ネクタイ/タイユアタイ
問い合わせ情報

問い合わせ情報

伊勢丹新宿店
TEL:03‐3352‐1111(大代表)
イセタンメンズネット


text:Zeroyon Lab.
photograph:Yuko Sugimoto