KEYWORD

BRAND LIST

TAG HEUER

FEATURED

TAG HEUER

タグ・ホイヤーの歴史は、1860年に時計師エドワード・ホイヤーがスイス・ジュラ山脈のサンティミエに工房を開いたことに始まる。当初からストップウォッチ機構に注力し、87年に今日でも主要時計メーカーの機械式クロノグラフに採用される「振動ピニオン」を発明して特許を取得。計時性能の高さが評判となり、20世紀になると各種スポーツとの関連を深めていく。1916年には100分の1秒単位の計測ができる世界初の機械式ストップウォッチ「マイクログラフ」を発表し、20年のアントワープ大会から3大会連続してオリンピックの公式計時を担当した。同時にモータースポーツの世界にも進出し、1911年に車載用ダッシュボード・クロノグラフ「タイム・オブ・トリップ」を開発。63年には1950年代の伝説のカーレース「ラ・カレラ・パンアメリカーナ・メキシコ」に着想して製作された「タグ・ホイヤー カレラ」を、69年には角形時計では世界初となる防水クロノグラフ「モナコ」を発表し、また世界初の自動巻きクロノグラフ「クロノマティック」を開発するなど、20世紀半ばにはクロノグラフの名門としての世界的地位を獲得した。なお、モナコは後にスティーブ・マックイーンが映画「栄光のル・マン」で着用したことで熱狂的ファンを生み出したことでも知られる。
1985年に社名をタグ・ホイヤーに変更。99年にはLVMHグループの一員となる。2000年代になるとトルクの伝達効率を高めるベルト伝達機構や、1万分の5秒単位での計測が可能な「タグ・ホイヤー カレラ マイクロガーダー」といった機械式時計の未来を感じさせる開発に取り組んだ。コネクテッドウォッチの分野にもいち早く乗り出すなど、新しい地平を開拓し続けている。

TAG HEUER

PICK UP

FOLLOW US

Facebook Twitter