KEYWORD

BRAND LIST

Chopard

FEATURED

Chopard

1860年に時計師のルイ-ユリス・ショパールがスイス・ジュラ山脈のソンヴィリエに開いた工房に始まる。優れた精度と信頼性を兼ね備えた彼の時計はすぐに愛好家たちに認められ、東欧、ロシア、北欧などで人気を博した。2代目のポール-ルイは当時時計産業の中心地となっていたジュネーブに本社を移転。世界的なブランドへと成長するが、3代目のポール-アンドレの後継者が途絶え、1963年にドイツ・フォルツハイムでジュエリーや時計の製造を手がけていたショイフレ家へと経営権を譲渡。現在に至るまでショイフレ家による家族経営を続けている。
時計、ジュエリーの両分野において高い技術を有したショパールは、1976年に2枚のサファイアクリスタルの間をムービングダイヤモンドがくるくると動く「ハッピーダイヤモンド」を発表。88年からはイタリアの有名なクラシックカーレース“ミッレ ミリア”のオフィシャルパートナー兼タイムキーパーを務め、同レースの名を冠した腕時計を製造する。1990年代になるとムーブメントの内製化に着手。96年に完成した初の自社製ムーブメント「L.U.C 1.96(現96.01-L)」はマイクロローター採用の薄型自動巻きで、高性能と美観の証しであるCOSCクロノメーターとジュネーブ・シールという二つの認定を受けた最上級機だった。創業者への敬意から「L.U.C」と名付けられたこのムーブメントを搭載した初のモデル「L.U.C1860」を97年に発表し、さらに2000年には4つの香箱により約9日間駆動する「L.U.C クアトロ」も完成。本格マニュファクチュール(自社一貫生産)として着実に歩み、2000年代にはトゥールビヨンやパーペチュアルカレンダー、クロノグラフ、ワールドタイマー、そしてミニッツリピーターなどのムーブメントを次々と自社開発。また、現在世界で最も厳しい品質基準とされる「カリテ フルリエ」の設立でも中心的な役割を果たし、そのテストにパスしたモデルを2005年以降発表し続けている。

Chopard

PICK UP

FOLLOW US

Facebook Twitter