KEYWORD

BRAND LIST

A. LANGE & SÖHNE

FEATURED

A. LANGE & SÖHNE

18世紀初め、ザクセン選帝侯フリードリッヒ・アウグスト1世(強王)の治下で栄華を極めたドレスデン。この地で生まれ、時計職人として修業したフェルディナント・アドルフ・ランゲが、1845年にドレスデン近郊の山村グラスヒュッテに時計工房を開く。これがA.ランゲ&ゾーネのルーツだ。F.A.ランゲはメートル法の採用や特殊な旋盤の導入など、製造面で数々の功績を残すほか、ムーブメントの安定性向上につながる4分の3プレートも発明。現在のA.ランゲ&ゾーネの多くの時計にも受け継がれている。
F.A.ランゲの死後は2人の息子が後継者となり、A.ランゲ&ゾーネ(A.ランゲと息子たちの意)という名で時計製造を開始。その名声はヨーロッパ中へと知れ渡ったが、20世紀に入ると歴史の荒波に翻弄される。第2次世界大戦後の東西ドイツ分離により東ドイツ政府に接収され、ブランドは一時休眠状態となる。
それからおよそ40年、1990年の東西ドイツ統合を機に創業者のひ孫に当たるウォルター・ランゲが、小規模の時計製造グループのトップであったギュンター・ブリュームラインと共に、かつての時計製造の技術をグラスヒュッテに再興させようと新会社を設立した。4年後の1994年に「ランゲ1」「サクソニア」「アーケード」「トゥールビヨン“プール・ル・メリット”」の4モデルを発表し、A.ランゲ&ゾーネの完全復活を宣言した。2000年にリシュモン グループの一員となり安定した経営体制が整うと、ドイツ的完璧主義を貫いた時計の数々でトップブランドとしての地位を確立。2015年には本社に新工房を増設し、マニュファクチュール(自社一貫生産)の充実度でも抜きん出るブランドとなっている。

A. LANGE & SÖHNE

PICK UP

FOLLOW US

Facebook Twitter