男性のスキンケアは、必須の身だしなみ

こんにちは。イメージングディレクターの高橋みどりです。

ここ数年、男性用のスキンケアアイテムやフレグランスの市場は、急速に拡大しています。

20代、30代の男性にとって、スキンケアはもはや「当たり前」。一方で、年配の男性の中には、いまだに「男がスキンケアなんて……」とおっしゃる方も多いようです。

とはいえ、加齢の問題を持ち出すまでもなく、日焼けやエアコンによる乾燥に加え、毎日のシェービングによって、肌は想像以上にダメージを受けています。若い頃、日焼けに無頓着だった世代であればいっそう、相応のケアは必要です。

パートナーのスキンケアアイテムを借りればいいよ……という方もいらっしゃるかと思いますが、そもそも男性と女性の肌は、皮脂量・水分量等々、大きく異なります。

「顔をボディソープや手洗い用の石鹸で洗ってしまう」という男性もいらっしゃるようですが、それでは皮膚に最低限必要なうるおいまでが奪われてしまいます。油分のコントロールをしつつ、適度なうるおいを留める「男性の肌に合ったスキンケア」が大切なのです。

まずは、男性用のスキンケアアイテムを購入し、「自分の肌がどれほど、変わる(元気になる)のか」を実感していただければと思います。

ベタつきやかさつきを感じさせず、健康的な艶感やうるおいを保った肌は、間違いなく若々しく元気な印象を周囲に与えます。

今回はスキンケア初心者の男性でも購入しやすいベーシックなアイテムを紹介します。さほどの手間も時間もかかりませんし、若々しさを保つためのアイテムとしては、かなりコストパフォーマンスも高いのではないでしょうか。

スキンケアは「オシャレというより身だしなみ」。毎日の習慣として取り入れ、さわやかで清潔感ある肌を保っていただけたらと思います。

バオバブオイルとレモンウォーター配合。「テカリ」と「カサつき」をコントロール。左から シェービングと洗顔を兼ね、しなやかな肌に整える2 in 1クレンザー。「オム シェービング&フェイスクレンズ 」2500円 肌を保湿ケアするミルクジェル。「オム オールインワン フェイスミルクジェル 」3900円 髪と体の両方に使える洗浄料。「オム ヘア&ボディ ウォッシュ 」2400円(3点ともメルヴィータ/メルヴィータジャポン)

香り初心者は、ボディクリームからでも

梅雨や夏の蒸し暑い季節は、満員電車やエレベーターなど、汗の匂いや体臭が特に気になります。

欧米の男性にとってフレグランスは身近なものですが、日本の男性は香りに対してとても保守的。「男が香水なんて!!」と抵抗感を示す方がほとんどです。

フレグランスはいわゆる香水(パルファム)のように、香りが強いものばかりではありません。オードトワレやオーデコロンなど、香りの濃度の低いものを選べば、ごく自然に、控えめな香りのオシャレが楽しめます。

香りを身にまとうのが「気恥ずかしい」と感じるのであれば、まずはシャワージェルやボディローションから、「香りの楽しみ」を体験なさってみてはいかがでしょうか。夜、ベッドに入ったとき、ほのかに漂う「残り香に癒やされる」感覚は、ご自身にとってもとても新鮮な歓びをもたらしてくれるはず。

自分の好きな香りが、あるときは気持ちをリラックスさせ、あるときはシャキッとやる気にさせてくれることがわかれば、「気持ちのスイッチ」のオンオフに、フレグランスを活用することも可能です。

今回ご紹介するのは、夏に似合う爽やかな香りばかり。ユニセックスなタイプなので、パートナーとの共有もおすすめです。是非、トライなさってみてくださいね。

英国王室御用達のライフスタイルブランド、モルトンブラウン。世界65ヶ国以上の高級ホテルでアメニティを展開している。左から、ボディ・ヘア・フェイス・シェービングの4つの機能を兼ね備えた多機能ウォッシュ。「スポーツウォッシュ」 3600円 ライトな感触のフェイス用乳液。シェービング後に塗るだけで、ツヤ肌に整える。「ハイドレータ」 5500円 ライム、ミントをブレンドした高揚感のある爽やかなフレグランス。「オードトワレ」9000円(3点ともモルトンブラウン/ヴァルカナイズ・ロンドン)
ペンハリガンは1870年創業の英国のトータルグルーミングブランド。ドライジンに着想を得た香りは、ジュニパーベリーのさわやかさとジンのカクテルのようなスッキリ感が特徴。「オードトワレ〔ジュニパースリング〕 」2万1500円(ペンハリガン/ヴァルカナイズ・ロンドン)
清々しい朝をイメージしたボディ用フレグランス。爽やかな香りで活力に満ちた1日のスタートを。「ボディスプラッシュ ワン モーニング」 1万8000円(バンフォード/ピューリティ)
問い合わせ情報

問い合わせ情報

エストネーション 03-5159-7800
メルヴィータジャポン 03-5210-5723
ヴァルカナイズ・ロンドン 03-5464-5255
ピューリティ 03-5772-2284


styling:Midori Takahashi
text:Maki Kasai
photograph:kuma*