世界を股にかけるビジネスエリートのための最上級トラベルケース

国内外を忙しく飛び回るビジネスマンなら、傍らに旅や出張の相棒となるトローリーケースを用意しているだろう。巷に溢れる軽量素材のトローリーケースの利便性も悪くないが、旅にロマンを持ち込むならば、偉大なる先人たちの旅行家に愛されたバッグこそ旅路に彩りを添えてくれるに相違ない。そして、旅先のホテルマンやクライアントからも一目置かれることを加筆しておきたい。

そこで、エグゼクティブの旅や出張のパートナーとして傍らに置いてもらいたいのが、グローブ・トロッターのトローリーケース。エリザベス女王が自身のハネムーンに使ったことや、南極探検で有名なキャプテン・スコットが愛用していたことなど逸話に事欠かないが、何といってもグローブ・トロッターの最大の特徴は、「ヴァルカン・ファイバー」と呼ばれる特殊な紙を何層にも重ね、樹脂でコーティングした素材を使用している点にある。軽くて丈夫、さらに発色が美しいという特性がある「ヴァルカン・ファイバー」は、使うほどに味わいが増し、自分だけのエイジングを楽しむことができる。

今回紹介する「センテナリー」シリーズは、ブランド誕生100周年を記念して発表された定番コレクション。豪華客船が活躍した大旅行時代を想起させるクラシカルなデザインは、軽量性と頑強さという実用性を兼ね備え、発売から20年を超えてなお愛されて続けている。

創業当時からほぼ変わることのない工程を、熟練の職人が手作業で製作しているのが、丁寧な縫製や革の自然なカーブからも伝わる。人から人へ。国から国へ。それぞれをつなぐ存在として、グローブ・トロッターのトローリーケースは控えめながらも大きな存在感を示し続けるだろう。

片面開きで四隅が湾曲していない完全に四角い箱型のため、衣服や仕事道具などの荷物も隙間なく詰めることができるので、2泊程度の出張や旅行も安心
トラベルケースでダメージの多いコーナーには、雄の成牛から取れるブルレザーを採用。軽さと耐久性を併せもったレザーで、ベルトにも使われている
19世紀から継承されるグローブ・トロッターのシンボルマークでもある「ノース・スター(北極星)」が穿たれたメタルプレートを内側にセット
問い合わせ情報

問い合わせ情報

グローブ・トロッター 銀座
TEL:03‐6161‐1897


text:Masato Nachi
photograph:Kazuya Aoki
styling:Yoshiki Araki