ブランドテイストにこだわらないシャツ&タイの組み合わせ術

この春改編されたセレクト型アクセサリーコーナーを担当する石田さんは、ダブルスーツながら厳ついイメージを感じさせない。細身のシルエットで短い着丈のコンパクトなフォルムに、パッチポケット式というカジュアルディテールが、これまでのダブルの印象を刷新している。

ストライプのシャツはイタリアブランド、ニットタイはアメリカブランドだ。かつてイタリアのシャツに、アメリカのタイを合わせるのは野暮といわれたこともあるのだが、そんな小賢しいルールを無視してコーディネートしてしまうのが先進的なメンズスタイル。モダンクラシックはブランドの出自を気にすることなく、自由に遊ぶのがいい。

ダークネイビーを主体に、白場の分量を極力削ることで、ドレスアップした印象が漂う。何気に小物もこだわっている。チーフはネイビーに白縁使いと、白の分量が今日のコーディネートに相応しい。

眼鏡は伊達、時計はアメリカ製。クラシックのニューウェーブを地で行く石田さんの足元は、国内展開のないオールデンのビットローファーだ。硬軟織り交ぜたアイテム選びには、ノールールでもクラシックを存分に楽しんでいることがわかる。アイビー、DCコンチネンタル、クラシコ・イタリアに続く、新時代のスーツスタイルがここにある。

メンズアクセサリー MDL 石田遼太郎さんのVゾーン――スーツ/ドッピア アー、シャツ/ギ ローバー、ネクタイ/ブルックス ブラザーズ、ポケットチーフ/ドレイクス、眼鏡/金子眼鏡、時計/シャイノラ・デトロイト
問い合わせ情報

問い合わせ情報

伊勢丹新宿店
TEL:03‐3352‐1111(大代表)
イセタンメンズネット


text:Zeroyon Lab.
photograph:Yuko Sugimoto