作家の吉村喜彦さんによる、酒にまつわる逸話やおいしい飲み方を紹介する連載「in vino veritas(イン・ヴィーノ・ヴェリタス)」。直訳すれば「酒に真実あり」となります。これまで多くの取材や旅を通じて感じた酒の魅力を語ってもらいます。第1回目は、ウイスキーの話から。

ジョニーウォーカー レッドラベル

スコッチ・ウイスキーといえば、なんといってもジョニーウォーカーだ。

子どもの頃、家の応接室の飾り棚には中元や歳暮でいただくウイスキーが大切にしまってあり、子どもの目にも、なんだか神々しい光を放っていた。

父はいつもは角瓶を飲んでいたが、ジョニーウォーカーの赤ラベル(ジョニ赤)や黒ラベル(ジョニ黒)をもらうと、小躍りして飾り棚にしまい、お客さんが来ると、うやうやしくそのボトルを取りだしたものだ。

ジョニーウォーカーのスマートなボトル――このシェイプこそがスコッチなのだと、少年の日に深くこころに刻まれたのである。

ジョニ赤は、ハイボールにするのがよく合う

一流バーテンダーに「ハイボールに合うウイスキーは?」と訊くと、「ジョニ赤」とこたえる人が多い。

味わいは適度に軽やか。スコッチらしいスモーキーな香りがたち、エッジのきいたスパイシーさもある。全体的にバランスがとれていて、なによりも価格が手ごろである。炭酸水で割るにはぴったりなのだ。

「ほどの良さ」が、「おとなの酒」を象徴している。

ジョニ赤に代表されるブレンディッド・ウイスキーにはさまざまなモルト・ウイスキーが入っているが、核になるものは「キー・モルト」といわれる。

ジョニ赤のキー・モルトは、カードゥというモルト。華やかで上品。甘い飲みくちが特徴だ。

ジョニ赤のハイボールを作ってもらうとき、バーテンダーにお願いして、このカードゥを少しフロートしてもらう。と、ジョニ赤がよりいっそう爽やかに香りたち、絹のようにやわらかくなる。これ、お約束します。

ジョニ赤の1960年代オールド・ボトルを使ったハイボールなら、なおさらおいしいです。

ぜひ、お試しあれ。

text : Nobuhiko Yoshimura

photograph : Katsuyoshi Motono

location : TENZO