本モデルはSIHH2019で発表された複雑時計の中でも特に耳目を集めた。

特筆すべき機能はユーザーが振動数を選べる機能だ。

高速振動のアクティブ・モード(毎時3万6000振動)と低速振動のスタンドバイ・モード(毎時8640振動)の2つの駆動装置をボタンプッシュで瞬時に切り替えることで、不着用時の動力消費を最小限に低減。「少なくとも65日間」までパワーリザーブを延長させる事ができる驚異的な仕様を可能にした。

ユーザビリティーを突き詰め、それらを実現させるだけの妥協ない“ものづくりの精神”が見える時計だ。

お問い合わせ先

お問い合わせ先

ヴァシュロン・コンスタンタン

text:PRESIDENT STYLE
report:d・e・w