この時計は、こんな男を物語る

・日本のクールなものづくりに引かれる
・堅実さ、信頼感を重視する
・ユニークさ、オンリーワンに挑む

顔つきは正統派、でも中身はイノベーティブ

グランドセイコーは、日本発の高級時計を標榜して1960年にセイコーが立ち上げたブランドである。以降、精度や性能をブラッシュアップし続けて、実用時計の最高峰という地位を確立してきた。近年は、セイコーブランドからの独立を宣言し、グローバル戦略のもとに海外市場向けの製品開発にも注力。主にデザイン面からのアプローチでブランドの世界観を広げている。

ところが今年は、一転して内部機構の開発が結実する年となった。こうした技術開発力こそセイコーの本領であり、これまでの偉業を知る者としては心躍る気分なのだ。去る3月にいくつかの新型ムーブメントが発表されたが、中でも特筆に値するのがスプリングドライブのキャリバー9RA5。挑む男たちに薦めたいモデルが同キャリバーを載せた「スプリングドライブ 5 Days」である。

「スプリングドライブ 5 Days」。ケース、ブレスレットはブライトチタン。ケース径46.9mm。自動巻きスプリングドライブ。600m飽和潜水用防水。115万円(税別)。世界限定700本。グランドセイコーのブティック、サロン、マスターショップ限定販売。2020年8月1日発売予定

スプリングドライブとは、機械式と同様にぜんまいがほどける力を動力としながら、調速機構にICと水晶振動子を用いた駆動方式のこと。端的に言えば、機械式の味わいがありながら精度はクオーツ並みという特徴を持つ。機械式とクオーツの両方で高度な技術を有するセイコーだけが世界で唯一製造する、ユニークなムーブメントである。

このスプリングドライブの巻き上げ方式には、手巻きと自動巻きがある。これまで標準的な自動巻きスプリングドライブの連続駆動時間は、最大3日間(72時間)だった。それが今回のキャリバー9RA5では、約5日間(120時間)へと延長されたのである。

キャリバー9RA5。ローターなどのデザインも刷新された。今回のダイバーズでは防水性確保のため、裏蓋がシースルーではないソリッドバック。この美しさを眺められないのが残念

この長時間駆動が可能となったのは、2つの新しい技術によるところが大きい。駆動時間を伸ばすには、ぜんまいを内包した香箱(バレル)を増やすのが定石である。しかし、それだとムーブメントが大きく、または厚くなってしまうことが多い。そこでセイコーは、限られたスペースを最大限活用すべく、2つのバレルの大きさを変えて搭載することで長時間駆動を確保し、さらにムーブメントが厚くなるのを防ぐために、自動巻きの巻き上げ機構を見直して薄型化を図ったのである。

ほかにも、1枚のセンターブリッジで多くの軸を支える新設計により耐衝撃性を高める、水晶振動子を選別してエージングすることで平均月差±15秒から±10秒へと精度を向上させるなど、今回の新キャリバーでは、ほぼ全面的な刷新が行われた。

機械式の良さもあり、精度面も申し分ないスプリングドライブにとって、残された唯一と言っていい改善の余地が長時間駆動だったが、今年ついにその開発が実を結んだ。スプリングドライブ開発の一つの集大成と言えるキャリバーである。

このキャリバーを搭載した「スプリングドライブ 5 Days」はというと、見やすい針とインデックス、逆回転防止式の幅広ベゼル、4時位置にスライドさせたリュウズ……と、デザインはまさに正統的なダイバーズウォッチ。近年ダイバーズの人気が高いこともあるが、前述した耐衝撃性の高さを示すのにも好適だったのだろう。600mの飽和潜水用防水性能を誇る本格派である。

3日間の駆動時間は決して短いものではないが、5日間と聞くと、なおいっそう心強い。ダイバーズ特有のパワフルさもまた、頼もしさのシンボルとなる。堅実であることを旨としながら、タフなビジネスを乗り越えて新しさを打ち出そうとする、そんなメンタリティーを映し出す時計である。

問い合わせ情報

問い合わせ情報

グランドセイコー専用ダイヤル:0120‐061‐012

text:d・e・w