東京・銀座、中央通りに面したニコラス・G・ハイエックセンターは、世界最大の時計製造グループであるスウォッチ グループの日本における本拠である。その2階にあるのが、オメガの日本での旗艦店となるオメガブティック銀座本店。最新モデルや限定モデルがいち早く入荷するほか、サングラスやジュエリーといったアイテムも取り扱う。また今後は、店内でストラップの付け替えやブレスレットのコマ調整、電池交換などのクイックサービスも提供予定。正規のサービスが手軽に受けられるようになるという。

オメガブティック銀座本店

東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンター2階
03-6254-7222

店内
2020年5月にリニューアルされた店内は、ホワイトとレッドのコントラストが印象的
店内
カウンターやソファが数カ所にわけて配置され、周囲を気にせずに時計選びに集中できる。近年人気が高い付け替え用のNATOストラップも豊富にそろう

オン・オフ・ドレス、使い勝手で選ぶなら

最初の一本は、今年2020年に新しいデザインへと生まれ変わった「コンステレーション」からピックアップしよう。従来はどちらかというとクラシック寄りの印象だったが、それが今回のリニューアルによりモダンでエレガントなデザインへと刷新された。

ほうび時計として選んだのは、オメガ独自の合金である18Kセドナゴールドとステンレススティールのコンビモデル。程よいゴールドの華やかさ、セラミックベゼルの光沢、そしてシルクパターンのダイヤルなどが相まってドレス感も併せ持つ。オンにもオフにも、そしてちょっとしたドレスアップの装いにも合わせられる使い勝手の良さが一番の魅力。初めての高級時計としてもお薦めできるモデルだ。

時計着用イメージ
3針、日付表示のシンプルウォッチでありながら確たる個性もある「コンステレーション マスター クロノメーター」。ステンレススティール×18Kセドナゴールドケース、セラミックベゼル。ケース径41mm。自動巻き。50m防水。アリゲーター×ラバー・ストラップ。94万円(税別) ※モデルの手首幅60mm
時計ケースバック
スイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスター クロノメーター認証を取得。優れた耐磁性をはじめ耐久性や精度に優れる。ストラップにはラバーのライニングが付く

オールブラックのインパクトで1年を締める

オメガの「スピードマスター」といえば、愛好家以外にも広く知られた時計だろう。米ソが宇宙開発を競い合った1960年代に、NASA(アメリカ航空宇宙局)に宇宙飛行士の装備品として認められ、1969年にアポロ11号に乗船した宇宙飛行士が携行。アポロ11号は月面着陸のミッションを無事果たし、以降、スピードマスターは「ムーンウォッチ」として現在に至るまで親しまれている。

ほうび時計の2本目は、このスピードマスターからお届けしよう。セレクトしたのは、同じスピードマスターでも月の裏側の漆黒の世界を表現した「ダーク サイド オブ ザ ムーン」というモデル。ケースにブラックセラミックを用いており、通常のステンレススティールケースのモデルよりも精悍でモダンな顔つきとなっている。中でも今回取り上げたモデルは、針もインデックスも、さらにタキメータースケールまでもがすべて黒で統一されたオールブラック・バージョン。月の裏側、そしてその先に広がる宇宙までも想起させるようなミステリアスな特別感がある。

時計着用イメージ
見る角度により光沢感が変わるセラミックケースもどことなく宇宙の神秘を感じさせる。「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン ブラック ブラック」。セラミックケース。ケース径44.25mm。自動巻き。50m防水。ファブリック×レザー・ストラップ。130万円(税別) ※モデルの手首幅60mm
時計ケースバック
シリコン製ひげぜんまいやコーアクシャル脱進機など、オメガの先進技術が投入されたキャリバーを備える。ストラップはレザーのライニング付き

アニバーサリーの特別感でこの1年を祝う

最後の一本には、クラシックでエレガントなデザインを特徴とする「デ・ヴィル」コレクションのモデルをピックアップした。昨年、2019年に発表された「デ・ヴィル トレゾア マスター クロノメーター 125周年記念モデル」は、イエローゴールドとバーガンディーの組み合わせが気品ある華やかさで、まさに紳士のドレスウォッチといったテイスト。つややかなエナメル製ダイヤルもドレス感を助長する。

モデル名にある125周年というのは、オメガという社名の由来となったキャリバーが誕生してからの年数を表す。オメガの前身のムーブメント工房は1894年に高性能のキャリバーを製造し、「19ライン“オメガ”キャリバー」と命名。そのキャリバー名をのちに社名に用いたという経緯がある。

2019年はそのキャリバーが誕生してから125周年となった。今回選んだのはその記念モデルで、ケースの裏蓋に125周年の特別なエングレーブが入る。この1年、上々とはいかずともいつも以上の結果が残せたのなら、こんなアニバーサリー・モデルで祝ってもいい。自分へのほうびはきっと次へのモチベーションにつながるはずだ。

時計着用イメージ
これ一本でドレッシーな手元に仕上がる「デ・ヴィル トレゾア マスター クロノメーター 125周年記念モデル」。手巻き式としては初のマスター クロノメーター認証取得モデル。18Kイエローゴールドケース。ケース径40mm。手巻き。30m防水。アリゲーター・ストラップ。209万円(税別)。ブティック限定販売 ※モデルの手首幅60mm
時計ケースバック
ケースバックには、かつて使われたヴィンテージのオメガロゴと周年数、その周囲に19ライン“オメガ”キャリバーの部品に彫られていたダマスキン装飾が施されている
時計着用イメージ
ケースの厚みはオメガの中では最薄レベルの11.5mm。シャツの袖口にもすんなりと収まる

この記事の情報は2020年12月2日時点のものです。在庫や価格などが変動する場合があります。

問い合わせ情報

問い合わせ情報

オメガお客様センター
TEL:03‐5952‐4400

text:d・e・w
photograph:Kazuma Okita